Yume日記

見た夢の記録

床が抜けた夢の話

旅中ですが電車待ち時間がはんぱないので以前書こうと思った話題を。

ブログに書いていなかったのですが、以前木造の家の床が抜ける夢を見たことがありました。確か2回も床が抜けて下に落ち、3回目くらいで、あぁおさまった、というもの。

その日急に思い立って1年以上ぶりの友人にメールを打ちました(こちらは現実の話)。何やらタイムリーだったらしく、近々会おうという話題になりました。そのメールの中で友人は「家の修理に奮闘してる、床が抜けそうな箇所が出てきて」と言うのです。その時その友人の話を聞きハタとその日の夢を思い出しました。

この日急に思い立ってメールを送ることがなかったらこの繋がりを知ることはなかった…何故私は連絡を思い立ったんだ?と自分に尋ねたくなります。

私自身は床(生活基盤)が揺らぐような気待ちのショックが現実にこの後起こることになりました。夢は幾らかそのことを暗示していたような気がします。

友人の現実と私のその時の夢のイメージが重なった。きっと彼女の家は今着々と修復が進んでいることでしょう。そして私の夢の暗示も現実を通して変化している。お互いほころびが“なおる”頃、再会する気がします。

なんでこう絶妙にシンクロが起こるかビックリするのですが、見えない次元のところで歯車はカチャカチャと神秘的に噛み合っているのだろう…。

このことをさらに掘り下げると中々深いものがあります。相手の幸せを喜びましょう、と言いますけれども…それはひいては自分自身にもリンクする可能性があるからw( ̄△ ̄;)w

相手との関係性が遠かったり身の上に差があると中々そうも思えないものですが、心が豊かな人はそれが出来ちゃうのでそのうちやっぱりその人は現実も豊かになっていくのですよね。。

喜び合える友人がいることは豊かな心が芽生えますから、やはり大事な救いに繋がるというものですね。

広告を非表示にする

10/9 取り繕う 10/12 帽子の女性と犯人探し

10/9

ある人のために何か大きな四角いボードを作っていました。ボードの素材は海老煎餅とよく似ていました。ある人とは着物を着た女性と思われ、その人には以前使われていたボードではなくそれとそっくりなものを渡して誤魔化そうとしていました。何故以前のものがなくなったか分かりませんがバレては困るようで、ヤスリで成形しながら凄く慎重に制作していました。中々そっくりに出来てきましたがこれではバレるかもと数人と話している。

 

10/12

追われている場面のある夢だった。黒いハットをかぶった若い女性が出てきた。その子が別の2人の女性を追いかけている。その追われている2人の女性に私は意識が合っていたため私もドキドキした。

 

犯人探しのため大勢の関係者が集まっている。犯人探しをしている人たちがあるメンバーに当てをつけその人たちに居残るように止めていた。関係のない人たちはそれぞれ散っていこうとしていた。その中に、私は残るべきじゃないかと自分の行動の詳細を話し出した女性がいたが話を聞いてみたところでは関係ないと思った。もう犯人は残ってる人の中にいると私は分かったので残らなくていいのになぁと思った。

この話のどこかで私は幅3メートルくらいの川で背泳ぎのように体を浮かべてライン下りのように水に流されるのを楽しんでいる場面があった。ほかにも少し人がいた。

先日の夢のことと、夢の世界について

先日10/3の夢で、日本地図が出できた場面がありましたが、どうもこれと関連してるのではと思われることが現実に会いました。夢を過大評価しますと人生をおかしくしてしまう危険がありますから、あ〜なるほど〜くらいに受け止めるようにはしています。でもちょっと、おお!と思いますね^ ^

南の地域からメッセージを送りたい、という人からのお誘いがありました。

では、あの時北に歩いた女性は何だっただろう。北の話をするメッセンジャーのブログを読んだことがあります。不思議ですがこうして各自散らばって1つの力になるよう循環しているのかもしれません。

 

今朝の夢は起き抜けに現実のことを考えたため、忘れてしまいました。。心の整理くらいの夢ですとその瞬間を逃すと意外と消えてしまいます。脳は寝ている間に情報整理しているという話を聞いたことがありますが、夢として潜在意識のものを表に出し、消す作業をしているのかもしれません。ですから消えに行くのがよくて自然であるのかもしれません。

 

サイキックな人は人の心を見ることができたりするそうです。ですが全て分かるわけではないようですしいつも見ようとしているわけでもないようです。私は人の心が中々分からず失敗多々ですが。。時々思いもよらないイメージを夢に見ることがあります。直近の人は案外見なくて、知り合い、くらいの人だったりします。個人的感情が少なくニュートラルだからかもしれないですね。何か悩んでいたりする場合が多いです。その人はどこかしらで心をオープンに訴えかけているんじゃないかと思います。声をかけてみたら上手くいったことがありました。

 

もし例えば、あの人にこんな事を伝えてみたい、チャンスがありますように…と優しさで願っていますと、何故かその機会が巡ってきたことがありました。お互い夢で会話したわけではないけれども、不思議とその話題になりチャンスを得ました。祈りの世界という話がありますが、祈りは何かしらの形で現実を作る可能性があるのです。

今のわたし、なんにもできない、と思っていても願い続けることの力を馬鹿にはできません。

逆に言えば、悪い事をイメージし続けることの危険でもあります。

 

良いイメージというのは悪いイメージより力を持っています。不安よりも希望は強いのです。一見分かりませんが、そのくらい、根本の魂の光は強いということです。

10/7 植木鉢の情報と宇宙船と漬け込み酒

現実に打ちひしがれボロボロですが…夢は私のエネルギーの1つなので書けることが嬉しくもあります。昨晩からほぼずっと寝込んでいるので色々見ていますが、こちらは夜中から朝にかけて見たものです。

 

ある情報が欲しく新聞をタダで手に入れたくて植木鉢の根っこを掘ります。有り難くも最初の植木鉢の土の中から新聞記事が一枚出て来ました。欲しい情報は何だったかは忘れてしまったのですが株に関係あることだったかもしれません。近い情報はその新聞紙に載っているようでした。もっとハッキリとしたものが欲しくてさらに他の植木鉢を掘ります。出たり出なかったり。そうこうしているうちに他のお客さんが同じように土を掘り始めました。何故かおばちゃんばかりだった気がする…

 

映画の中の宇宙船のような場所でした。男性や女性が機械のようなコスチュームを入り口などで身につけます。何故かお尻がセクシーに結構見えます。トムクルーズともう1人誰かと建物の中の通路を歩いています。建物は四角く中央が吹き抜けです。名前と出身地を人に紹介する時の難しさについて話題になりました。そこでは何故かトムはマイクル、という名前で会話されていて、マイクルのマイクルだから分かりづらいよね、と(土地名+愛称)。「昔の江戸では職業と名前の組み合わせだからこれだと区別がつく」と私は話しましたが、トムクルーズは周知の上だったようで軽く流されました。でもそこで、あれ?江戸は土地(町名など)+下の名前じゃなかったっけ??と夢と現実の狭間の私が間違いじゃないかと考え直していました。辿り着いた場所には私や同行の2人合わせて7人くらいの人がいました。乳母車の赤ん坊と隣に父親。ちょっと因縁のありそうな不自然な親子が1組いました。乳母車の子供のそばに害虫が飛んできて子供が怖がりました。その虫が私の方にも勢いよく飛んできてので嫌で避けたところうっかりふらつき背中からテーブルに激しく倒れ込んでしまいました。私のカレーライスは無事、トムクルーズに用意されていたカレーライスに被さってしまいご飯がクチャクチャに…ごめんなさい〜!ということで隣の部屋に着替えに行きます。着替えで体を隠すのに手間がかかりながら。

 

姉と母といます。久々ですね…。私はそういえばひと月かほど前にあるお酒を漬けていたことを思い出しました。おっと忘れていたでも漬け酒だから時間がたってても悪くはなってないだろうと冷蔵庫から取り出します。そのお酒には蜂が1匹漬けてありました。うわっ、っと思ったけど蜂は田舎で食べるし…何か体に良さそう。お酒は綺麗な透明でした。それに付随して何か昆虫やゲテモノが合わせて発生していたらしく(そばに置かれていた別の瓶?)これどうするの?と姉と母が慌てていました。中々グロテスクですが、生きて元気に活動している様子でした。

 

*虫系が多いですね。虫は体調の違和感としては割と分かりやすい象徴です。虫は私は好きなので悪いばかりではないことも。宇宙船もどきが先日の薄暗さに少し共通するものがありました。トムクルーズがいたのが安心要素ですが(笑)本物というよりどれかの映画のトムクルーズかも。その映画が暗めの内容かもしれません。

夢について

こんにちは…

非常に細かい夢をまた見だしていますが、書き終えた後少々気になり今回は出すことをやめました…夢日記と言いながら不甲斐ないですが。

今回は大変意識の層が低いものだった気がするのです。夢は実はとても現実に近いんですね、ほぼ同じなんです。夢に興味を抱き始めると徐々に分かると思います。近いどころか現実で見えないところを如実に表すといったところです。慣れていけば現実問題の解決として使えます。でも判断はとても難しいです。ネットに載ってる辞典はほんの一部です。物事の概念が各自バラバラであるように、当然夢判断も各自バラバラになるんですね。

判定を依頼したりしながら分かってきましたが、八割方、体調関係です。体は常に電気信号を通過させながら敏感に反応しています。軽く風が吹いても大きな刺激を受けています。それが夢に現れます。季節も天気も刻一刻と変化していますが、それがそのまんま夢に出ます。体は意識にとても訴えかけています。

今回、意識の層が低かった訳は分かっている…現実で辛いことがありました。それがあんな表現になるのかな?分かりませんが。先日見た父の夢はまた違う感じがします。気になったので実家で尋ねたら最近遺品整理で靴を捨てたというのです。何か関係がありそうだとは思いましたが…これも私の意識が低いところにあるせいかもしれませんし、元々そういうものを私が感じ取るとも言えますが。

現実では中々本心が分からないものです。でも夢はダイレクトなんです。だから好きで書いていましたが…表に出す事を控えようかと考えています。夢に興味を、見えない世界に興味を抱いて欲しい、というのが私の想いです。書けなかったらすみません。皆さんも、どうかあらゆる角度で自分の心に向き合ってみて下さい。全ての事実の答えは、自分の内側にあるのですから。

広告を非表示にする

10/3 物々交換と日本地図とイギリス観光

会社の同期の友人が仕事業務が変わりフロア移動した。一階上になった。デスクを見せてもらった。周りは知らない人ばかり。私は自分のフロアに戻ろうとビルの中階段を通ると2人の若い女性が寝転がりながら昼食をとっていた。ドアの側なんかでよく平気だな…と思う。鶏肉をもらった。工場のおばさんに。少し食べた。袋詰めを2つもらった。昔の会社の友人が現れた。もう1人別の友人もいたが誰か忘れた。それぞれ野菜を持ってきていたので物々交換をした。私はカブと鶏肉とコンニャクを持っていた。差し上げた。私は何を貰ったか忘れた。物々交換はいいねと話す。

自転車を探していた。どこに置いていたっけ。行動ルートを思い出していた。小さい頃住んでいた街のあたりを迷い込んでいる。

場面が変わって複数の人と日本地図を見ている。オブジェになっていて少し大きい。20メートルくらいだろうか。日本地図通りに縁取りがあり縁取りの中は水が入っているようだ。ある女優さんが北を担当しもう1人の別の女優さんが南を担当した。私は南の女優さんに着いて歩いた。

バスに乗っていた。イギリスの街らしい。あっという間に着いたし日本によく似てて分からなかった、と話す。似てるけど全然違うよ、と人に言われる。空気や気温が日本と同じだが景色は違うのを確認した。バスの二階で天井がないオープンカー。パッと晴れてはいなかったがとても気持ちよく楽しかった。

10/1 スクールへ行く

大学か何かスクール通いをしているようだ。間に合わなくて急いでいる。

広告を非表示にする