Yume日記

見た夢の記録

11/1 預かりの時計と疲れていた知り合い

過去ロク

 

①いくつもの腕時計を私は預かっていた。4つだっただうか。持ち主に中々返せない寝転がっている自分に不快感と焦りがずっとある。

 

②Sさんが久々に出た。なんでまだいるんだとか嫌だったけど話さなくてはと思った。近くによると彼女はとても小さくなっていた。白髪があり髪が乱れていて疲れ切っていた。肌の色も白くてなり斑点のようなものがあるようだ。あまりにおかしい様子だったのでビックリした。気になっていた連絡先の話をした。肩に触れ、なんで連絡くれないの、あなたがくれればいいのよ、と言った。連絡先が古いんだと言った。確認したら確かに私の過去の連絡先だったのでそれでは無理だったんだと思い新しい連絡先を交わした。何かあれば話して、と伝えた。