Yume日記

見た夢の記録

11/12 右目と届け物

①家族か違う人か混ざった感じか複数人といた。私に何かが起きてたようだが忘れた…あることをしてもらおうとして…今回はあのようにしなくてはいけないねと結論が出たのだけどそれは難しい方法なのでやめて別の方法にする。兄が私の右目に大きめの蜘蛛を糸を垂らしながら挿入する。大きすぎて入らない気がするが以前上手く入ったことを私は記憶していたので同じ感覚で上手くやった。

 

②誰かが私の何かを受け取ろうとしている。受取人はもう一度あるフロアに送信してという。別の人が対応しようとしたけど私が直接持っていこうかと考えていた。

 

ニュアンスしか記憶にない。間も無く忘れそう…。こういうのは生活してると思い出すことがある。似た行動やニュアンスで記憶が蘇ってそれを機にざー、っと全体まで思い出すことも。